レーザー脱毛とほくろの対応

Web Template

顔もレーザー脱毛を完了させることで、ムダ毛の自己処からも解放されます。
男性のヒゲみたいな色の濃いムダ毛ではないにしろ、産毛がふさふさ生えていると、それだけでも肌の色を暗く見せてしまいます。

顔に産毛が多いと、顔はくすんで見えるので、疲れて見えることにもなって損です。

顔の脱毛もレーザー脱毛でしっかり処理すれば、ムダ毛の自己処理はなくなりますし、顔色も明るさを取り戻します。

そんな素敵なレーザー脱毛ですが、顔にホクロがある場合は、直接その部分にはレーザーを当てることはできません。

独自のシステムで医療レーザー脱毛の比較のいろいろな情報を集めました。

ほくろもですし、顔に大きなシミがある場合もそうです。

目立つくらいのほくろとかシミは、保護シールをその部分にだけ貼り付けて、それ以外をレーザーで照射していきます。


ですが、ほくろもサイズが小さいとか、シミも小さくて色が薄目であれば、そのままレーザー照射することもあります。
この場合はラッキーなことに、顔の脱毛でレーザーの照射をしていくことで、シミ等も薄くなることがあります。



ただ、顔の脱毛に使用するレーザーは、シミやホクロを除去する専用の医療機器とは異なります。

ムダ毛がなくなるのと同時に、シミやほくろも完全にかくなるかというと、それは個人差が出てきます。

運が良い場合は、シミが薄くなりますし、一部では取れてしまったりすることもあるので、結果は楽しみにする問です。



ほくろも自分ではチャームポイントと言う意識があるときには、最初にスタッフに伝えておきましょう。