保育士の採用基準について

最近の日本においては高齢化社会が深刻になってきており、若い世代の労働人口もどんどんと減少していっています。


さらには、現在では医療費負担の増加や年金負担の増加に加えて介護保険料に関しても増加しているため、非常に多くの世代において高齢者を支えるための負担が増加しています。

このような状況にあるために、夫婦世帯においては共働きなどをして家計を支えていく必要があり、より多くの世帯において子どもをあずけられる保育所を探しています。



このように、子どもを保育所に入れたいと思う世代が非常に多くなっているのですが、逆に保育士不足している状況にあるため採用基準についても幼稚園免許を持っていると保育士免許を取得できるような制度実施するなどして、採用基準を変更し保育士不足を解消しようといった取り組みも実施されています。

保育士 就職の基本知識を紹介しています。

さらには、日本政府の提案として保育士の採用基準の変更と共に、人員が不足している原因となっています賃金の低さを解消するために、基本給を数万円上乗せしようという動きも出ていましたが、現在のところはこの法案については検討段階のまま止まっている状況です。

保育士の採用を調べるならこのサイトです。

さらには、現在の保護者の状況としては非常に子どもに対する期待も大きくなっていることから、保育士に対する要求も厳しくなっているのが現状で、より多くの保育所においては保護者からの要求やクレームに対応することが、業務の差し支えとなっているのが現状で課題となっています。