wimaxならではの利用方法の提案です

wimaxならではの利用方法の提案ですwimaxは他社と違って通信量による制限というものを設定していません。
他社ではデータ通信量がある一定量に達すると、通信速度が128Kbpsに制限されてしまうのです。


しかもこの速度は月末まで続きます。

だから月初にこの制限に掛かってしまうと、月末まで我慢するか数千支払う事で、2GBまで制限を解除する可を選ぶ形になります。

wifiのレンタルのことならお任せください。

この制限がwimaxでは存在していません。

そのためwimaxでしか提案できない利用方法があります。wimaxについて正しい知識を持つこと重要です。


実際にwimax通信機器にも固定ルータのようなタイプのものまで登場しています。現在、wimaxのデータ通信速度は下り最大42Mbpsです。
この数字を見ただけでは判断は難しいのですが、ADSLの下り最大値よりは低いですが、それぐらいの速度は出せると言うことになります。



そしてこの使い方をする以上、デスクトップパソコンなどからのアクセスが可能になりますので、データ通信量は相当な量になると思われます。


このような状況下だからこそ、速度制限が掛かってしまうと非常に困るのです。しかしwimaxはその懸念を払拭してくれました。



そして今現時点でもデータ通信量による速度制限を掛けるような事は一切発表していません。
このまま、このスタイルを貫き通してもらいたいです。

そして今から数年後にも同様のスタイルで、通信速度制限を掛けていなければ取り囲むデータ通信環境を、wimaxに切り替えていってもよいでしょう。

ただしこれは今現在提供されているwimaxのサービスについてであるため、既に構想に上がっている次世代規格においてはこのかぎりではありません。
もしかすると他社同様に通信速度制限を設けてくる可能性が十分にあるのです。

それだけデータ通信環境は、ぎりぎりのところで提供されているのだと言います。でも利用者としては、次の規格であったとしても、今のままの制限が掛からないwimaxで提供してくれることを強く願うことでしょう。