経験豊かな人材を求めている保育園の就職

保育園の就職には、人生で経験してきたことを活かすことができます。

豊富な経験を求めている園もあり、面接などで今までやってきたことを聞かれることも多いです。

保育園での仕事は多岐にわたります。

子ども達を預かるという点では、今まで子どもに関わる仕事をしてきたか、また子育て経験があるなどが強みになります。


保育園や学童でのアルバイト経験なども重視されますので、就職前に子どもに関わるアルバイトをすることも効果的です。子どもの日常生活である、食事、遊び、排せつ、睡眠、健康に関して詳しいことが大切です。

またサービス業での経験も有効的です。

子ども達にも保護者の方にもサービス業で獲得した接客スキルは活かせます。初めて保育園に入る子どもも保護者も、最初は非常に緊張しているはずです。



その不安を取り除き、保育の知識を活かしながらアドバイスできれば園にくることが楽しくなってもらえます。

保育士の就職情報収集ができます。

コミュニケーションがうまく取れるということは、職員同士の仕事の理解もスムーズになり円滑に仕事が進むことにも繋がっていきます。

また、自身の結婚や子育て、近年の保育環境についてのニュースなど日常の生活から取り入れられる話題に詳しいことも就職にとって有利です。保育園には仕事をしながら預ける方、離婚して片親で頑張っている方、子育てに疲れたり悩んだりしている方も多くいらっしゃいます。自身の経験や知っている知識を使って、園を利用する方とお話しできるという能力は就職にとって強みとなります。